結婚10年目の本音

夫婦でブログ運営していきます。

子供に個性を!って言う親が個性なかったりする。

僕です。

自分の子供に対して個性的な人間になれとは思いませんが、自分自身は母から変わってると言われるくらいの人間に育ちました。

しかしウチの親父なんかも変わっていて、学生時代は半年間同じカレーを食ったとか、それに飽きたら次の半年はカツ丼を食ったとか、授業を抜け出して山や川で遊んでいたとか、よく分からないところがあります。

なかなか個性がある人だなと思ってます。

反して母は優等生タイプで普通な感じです。
ただ二人は幼馴染なので小さい頃から見てる変人と結婚するあたり変な人なのかもしれません。


。。


ところで親が個性的だったら子供は個性的に育つのでしょうか?

僕自身は個性的というか変人というか、そういう側面があると思っていますし、今の活動は親父が好きなことを僕も好きになったのがキッカケなので影響があると言って良いかと思います。



じゃあ個性のない親だったら?


どうなんでしょうね。

子供は勝手に育ちますから、親の個性なんて関係ないはずです。

でも、自分に個性がないと思っているのであれば、子供に個性を!なんて叫ぶ前にやることがあるんじゃないかと思うんですよね。

誰にだって好きなことのひとつや二つはあるはずなので、そのあたりを伸ばしていくのは必要かと。

子供を個性的に育てたい自分が“世間に公表できるような個性”を持ち合わせていないというのは、とても残念な気がします。

自分もそうならないようにしたいものです。