結婚10年目の本音

夫婦でブログ運営していきます。

妻に事後報告する2つの理由!

①カッコ悪いから

②両者の事後の捉え方が違うから

 

昨日の妻のブログは腹立ちましたね。

お前だって相談無しでどっか行くことあるやろ!って思ってました。

 

でも、指摘されたことに対して反発したいだけで、僕は妻に事後報告されても普段なんとも思ってません。色々と考えてスケジュール調整した結果だろうし、決まったことには従うスタイルです。

 

僕が大事なことを事後報告しちゃうのは、悩んでるところを見せるのがカッコ悪いからってのがあります。大事なことは足場が固まってから伝えたいなーという感じです。

夫婦なのにカッコつけてどうすんだって思いますが、僕は人に相談するタイプじゃないので夫婦間では今後改善していきます。

 

次に、事後になる認識が両者で違うことが大きいです。

『あのイベントいきたいと思ったけど、スケジュール見たら無理だったんだよねぇ〜』極端に言うとこれでも事後報告らしいです(笑)

 

行きたいイベントに対して何かしらの調整を始めた段階で事後報告なんです。行けるかどうかは関係ありません。

 

それじゃほとんど事後報告じゃないかよ!って思いますが、逐一相談できるように頑張ります。

 

 

ところで、なぜ僕と妻では事後の捉え方が違うんでしょうか?

 

それは両者のタイプが大きく違うからだと考えます。

 

旅行で例えるなら、僕は当日までどこに行くか分からなくても楽しめるタイプですが、妻は計画作りから参加したいタイプです。

 

また、食事でいうと、僕は晩飯を楽しみにしておきたいタイプで、妻は今日なに作るの〜?と聞いてくるタイプ。

 

子供が運動会で踊る曲は「この曲で踊るんだよ!」なんて事前に教えられます(しかも家で踊らせたりする)ので、楽しみを取っておくという観点がないのでしょう。

 

そういえば、妻はサプライズされても感動しないからやめてほしいと言ってました。 

 

ドラマのネタバレを見るタイプでしょうか。

 

そして僕にはもう一人、強力なネタバレマンが身近にいて親父が凄いんです。

借りたDVDが面白かったから観てと親父に言われたので見始めると、冒頭に「この人あとで死ぬよ」とか言うのです。

やめてくれ…

 

ネタバレ好き同士で気が合うのか、親父と妻は仲良さそうです。ありがたいことですね。

  

 

脱線しましたが、僕と妻は各所において正反対ということが分かります。

 

僕は過程や方法に不安定要素があるなら決まってから教えてほしいタイプで、妻は自分が関係することには過程から参加しておきたいタイプなのです。

 

こういったタイプの違いが事後報告になるタイミングにズレを生じさせ、それがストレスとなって積み重なり今回のような事態になったのでしょう。

 

そういう夫婦の認識違いを埋めるのは容易ではありませんが、イライラして文句言い合うより両者の違いを受け入れて解決方法を考えたほうが生産的ですよね。

 

少しずつでも相談ができるように意識していこうと思います。